special topics

  • topic : 新いくらと北海道産塩水ウニと新米のインサラータ

    AOYAMA青山店

    『新いくらと北海道産塩水ウニと新米のインサラータ』

    ご予約・お問い合せ
    03-3486-5561

    コース 20,000円(税サ別)

    リストランテ・ヒロ 青山のシーズンスタートしたばかりの、新いくらのお料理をご紹介します。ちょっとあっさりめの小粒のいくらをその分たっぷりと使用したメニュー。雲丹のトロみに弾けるいくら、芯を残して炊いた新米を使った食感豊かなインサラータは、正に今の季節の一皿です。 20,000円コースメニューでお楽しみいただけます。
  • topic : 白トリュフ有ります

    CENTRO丸ビル店

    『白トリュフ有ります』

    ご予約・お問い合せ
    03-5221-8331

    アラカルト or コース

    最上と呼び声が高いPiemonte州Alba産も解禁され白トリュフのシーズンが本格化いたしました。オムレツにリゾットにお肉に….いろいろかけて美味しい白トリュフですが、リストランテ・ヒロ チェントロの一番のお勧めは、Tajarin -タヤリン-(卵をたっぷり使ったピエモンテ州の手打ちパスタ)です。ブロードにちょっとチーズとちょっとバターのシンプルな細麺パスタに、たっぷり白トリュフをかけると香りが味に変化します!是非この季節の一皿をご賞味ください。1g1,000yen~をお好みに合わせてお掛けしております。
  • topic : カタラーニャ風 鰯のフリット

    PRIMO東京駅店

    『カタラーニャ風 鰯のフリット』

    ご予約・お問い合せ
    03-5219-5607

    580円(税別)

    ヒロ プリモ 東京駅の今回のおすすめは『カタラーニャ風 鰯のフリット』です。小ぶりな鰯を頭だけ落として丸々揚げたフリット。トマト&ケッパ オニオンの香りが食欲を掻き立てます。まずは一皿!是非お試しください。580円
  • topic : 一押し!メカジキのコトレッタ

    GINZA銀座店

    『一押し!メカジキのコトレッタ』

    ご予約・お問い合せ
    03-3535-2750

    アラカルト1,880円(税別)

    トラットリア•ヒロ 銀座の一押しメニュー、"メカジキのコトレッタ"をご紹介。芯をロゼに仕上げたメカジキのコトレッタ (カツレツ)の芳ばしいチーズ入りの衣にレモンをたっぷり絞ってアイコトマトのサラダと共にお召し上がりください。
  • topic : 北海道 仙鳳趾産牡蠣と九条葱のリゾット

    OSAKA大阪店

    『北海道 仙鳳趾産牡蠣と九条葱のリゾット』

    ご予約・お問い合せ
    06-6343-6966

    アラカルト2,400円(税サ別)
    コース 8,000円(税サ別)より

    ヒロ大阪店では、この季節、身が大粒でプリっとした食感と強い旨味のある味わいが楽しめる北海道の仙鳳趾産牡蠣をリゾットでご用意しております。牡蠣の出汁をしっかり含ませて炊いた新米のリゾットと、クリーミーでとろけるような牡蠣の絶妙なハーモニー。少し肌寒くなってきたこの季節に〆のリゾットとして是非お楽しみください!ディナー:アラカルト2,400円(税サ別)又は8,000円(税サ別)のコースより。

Welcome

“Japanese Italian”の先駆けと自負する我々リストランテ・ヒロは、お食事の嬉しい・楽しい・大好きを一皿一皿に添えてお届けします。オープンから20年、青山から始まった店も現在、東京4店舗、大阪1店舗となりました。各地5人のシェフの個性あふれる料理と5つの特徴ある空間で皆様をお迎えいたします。四季折々の食材とイタリアを愛する者たちのエッセンスが、新鮮な驚きと美味しさを作り上げます。リストランテ・ヒロは、店舗によってメニューが異なり席数も様々。ご利用目的やご予算に合ったお店選びが可能です。私たちのレストランが、お客様のお気に入りの1店舗になることを願って、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

txt-ristrante_hiro_column

img-yamaguchi_kazuhige
txt-company1

1972年静岡県生まれ。
日本におけるイタリア料理のパイオニア山田宏巳氏と出会い共に、神奈川東京のイタリアンレストランに勤務する。1995年 株式会社リストランテ•ヒロ設立メンバーとして立ち上げに参加。その後、代官山出店時には統括マネージャーを務め、丸ビル出店にあたり役員に就任。2006年 代表取締役社長となる。現在も各店を回り現役サービスマンとしても活動を続けている。

下記のコラムとFacebookを通して、リストランテ・ヒロの今と山口の今を発信して行きます。

Column

  • 2018.09.26赤ワインの美味しい季節